産後には骨盤ショーツがおすすめ!

産後は骨盤が開ききっています!

出産というのは、とてもすごいことで、赤ちゃんがいくら小さいとはいえ、あの大きさのものがおなかから出てくるのですから、体にはやはり負担がかかりますよね。
特に骨盤については、出産によって一気に開ききってしまいます。
そうして開いた骨盤は、出産後じょじょに閉じていくのですが、骨盤が閉じるまでにはある程度の時間がかかります。

ですから、本来であれば、骨盤がある程度閉じるまで、お母さんはベッドから起き上がらないほうがいいのです。
日本では昔は出産後しばらくはお布団で寝ていて、安静にしていました。
それは、骨盤が開ききった状態で起き上がることがお母さんの身体によくないということが広く認識されていたからなんですね。

それに対して、西欧では、産後すぐに起き上がり、病院での出産の場合は当日に退院するケースがほとんど。
でも、それはいいことばかりではないのです。
なぜなら、出産直後は骨盤が開ききっています。
その状態で起き上がり、退院して歩きまわったりすると、骨盤が開いた状態で腰に負荷がかかり、身体にとっても良くないのです。
その結果どうなるかというと、西欧では日本以上に「産後太り」が多くなってしまっています。
これは、様々な理由がありますが、骨盤が閉じる前に動き回っていることも無関係ではないとされています。

日本でも最近は西欧にならって、産後すぐに退院するケースが増えてきています。
これは、骨盤と産後太りの関係からいうと、あまり歓迎できた話ではないのです。
産後の、骨盤がまだ開ききった状態で身体を使うことは、体に悪影響を与える事にもなりますし、骨盤が正しい位置に戻らなくなってしまうことで産後太りも誘発してしまうのです!

産後太りには骨盤ショーツが最適です!

このように、産後太りの原因の1つには、「骨盤が開いた状態から元の位置にきちんと戻らず、歪んだ状態のままになってしまう」ことが挙げられます。
こうした骨盤の歪みからくる産後太りは、食事制限や運動などでは元に戻りません。
骨盤の歪みを解消することだけが、産後太りを解消する方法なのです。

では、骨盤の歪みを矯正するにはどのようにしたらいいでしょうか。
いちばんいいのは骨盤矯正ヨガを毎日行うこと。
これが産後太りを解消する最高の方法です。

でも、出産後の激烈に忙しい中、毎日骨盤矯正ヨガを行うことが出来ますか?
普通の、お母さんになりたての方にはちょっとむずかしいのでないかと思います。
そこでおすすめしたいのが骨盤ショーツ
骨盤ショーツには様々な種類があり、中には効果の薄いものもありますが、こちらで紹介している「フライビシット」は骨盤を適正な位置に戻す力がとても強い骨盤ショーツとして知られています。
このフライビシットに代表される骨盤ショーツを産後に履くことで、骨盤が正常な位置に戻ることができ、産後太りも一気に解消することが可能になるのです!
まずは一度骨盤ショーツを履いてみてください。
ちょっと締め付けがきついですが、それは骨盤を元の位置に押し戻そうとしている力が働いている証拠。
しばらくすれば慣れますし、骨盤も元の位置に戻っていくに従って締めつけ感も気にならなくなります。

このまま産後太りで中年体型になったままでいますか?
それとも、出産前のくびれを取り戻したいですか?
あとはあなたの選択にかかっているのです!

フライビシット

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.